水素水 ふじおやまの恵み

suiso001.png

  
人は体内でエネルギーを作る為に「活性酸素」が発生します。その活性酸素が私たち体を少しずつ酸化させています。つまり、鉄がサビるように体が老化してゆくのです。
もちろん、人の体はその酸化を防ぐ為のメカニズムを兼ね備えていますが全ての酸化を防ぐ事は出来ません。防ぐ事の出来なかった活性酸素は血管の細胞から酸化、攻撃をしてゆき老化をさせてゆきます。
酸化を起こす活性酸素を除去する為に必要となるのが「水素」です。
そこで水素を含んだ水、「水素水」を飲む事により自分の体だけでは補えなかった酸化を防ぐ手助けを行います。
血管の酸化を防ぐので体全体の効果が期待出来ます。
「水素水 ふじおやまの恵み」は、水素を多く含み、水素が抜けにくく、バナジウムを含んだ美味しい水素水として、ヨシムラ薬局の薬剤師が推奨します。









 

 


 

suisosui_a03.png suisosui_b02.png
 
suisosui_c02.png
 

suiso07_2.png

suiso08.png suiso10.png
おいしい富士山の伏流水「水素水 ふじおやまの恵み」は、自然の恩恵を受けた富士山の伏流水を使用しています。富士山の伏流水に多く含まれると言われるバナジウムが豊富(150μg/L)に含まれています。
カルシウムやマグネシウムと同様のミネラル成分=バナジウムなどを豊富に含む、体にやさしい水です。ビタミンと同じく、体内で合成ができないミネラルが手軽に摂れるため、日頃から食生活が不規則になりがちな方や健康を気遣う方をサポートします。
 
suiso11.png suiso12_02.png
「水素水 ふじおやまの恵み」は「本物の水素水を・最高品質の水素水を」というその想いで、既存技術「マイクロバブル法」を基本とするオリジナルの製造方法の確立という形で実を結びました。
「マイクロバブル法」は、水の中に粒径が非常に細かい気泡を発生させる技術で、より多くの水素を水に溶け込ませることができます。それにプラスして当社独自の工夫を凝らすことで、高濃度(2.0~2.5ppm)の「水素水」を提供することができるようになりました。
こうして開発技術の誇りと水への想いが込められて「水素水 ふじおやまの恵み」は誕生しました。
 
suiso13.png
suiso14.png
現在、ネット通販等で多くの水素水が販売されています。容器もペットボトルやボトル缶、アルミパウチなど様々です。
しかしながら水素は自然界の中で一番小さな物質のため、ペットボトルのようなプラスチック容器を楽々通過してしまいます。そのため水素水を保存するには、水素を全く通過させない金属容器等でなければいけません。
アルミパウチの場合は、付属している吸い口はプラスチック製であるので、吸い口部分から水素が抜けてしまいます。またスクリューキャップ式のアルミボトル缶は、缶内に空気や窒素の層があるので、水素が抜けてしまいます。
そのため、容器への充填時には高濃度の水素水であっても皆様のお手元に届く頃には、水素濃度が減少している商品が数多くあります。
これに対して、「水素水 ふじおやまの恵み」が採用しているスチール缶は、水素などのガスが通過することを防ぐことが出来る「2重巻き締め法」で製造されているため、長期にわたる水素の保存が可能です。

















 











 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

suiso15.png

suiso16.png

 
「ふじおやまの恵み」は工夫を凝らしたスチール缶を使用することにより高濃度水素水を長期間保つことに成功しました。
下記のグラフが示すように、他社では手元に届いた時点で水素濃度が0.3 ppmと低いものや、最初は1.0 ppm程度であっても長期間保存することにより水素濃度が大きく減少するものがあります。
しかし、「ふじおやまの恵み」は製造日から1年後でも高い水素濃度を誇っております。

suiso17.png

  「水素水 ふじおやまの恵み」が採用しているスチール缶は、水素などのガスが通過することを極力防ぐことのできる「2重巻き締め法」で製造されているため、長期にわたる水素の保存が可能です。
『ふじおやまの恵み』は、研究と工夫を重ね、たくさんの水素が溶け込んでいる水素水をスチール缶に目一杯詰めることで、水素を逃げにくくしているのです。






suiso18.png


水素濃度の測定.png

 
商品のスチール缶を開け、水素濃度の測定を行いました。
動画では「2.3ppm」までが測定されていますが、現在では製造技術の精度を向上させ「2.5ppm」まで測定されています。
  水素濃度の測定のキャプション.png















 

ヘッダーフリーエリア.jpg